>ホットトピックス>放課後等デイサービスを利用しよう!子供がイキイキと生活できる

放課後等デイサービスを利用しよう!子供がイキイキと生活できる

女の子

放課後等デイサービスとは一体どういったサービスなのか

放課後等デイサービスとは、就学年齢でもある6歳〜18歳までの障害や発達の遅れがある子供達を対象にしたデイサービスです。放課後はもちろん、夏休みのような長期休暇の間にも利用できるうえに、生活動作や集団生活の指導、また地域との交流などを通してお友達と触れ合うことの楽しさを学ばせてくれます。

子供

年間を通してのイベントも盛り沢山!

毎月季節を感じられるイベントを組んでいる事業所が多いのが魅力で、和太鼓や踊り、プチお料理教室や陶芸教室を開催してくれるところもあります。家ではなかなか出来ない体験型イベントが人気のようで、休日には親子で参加できたり、近所の公園まで遠足に行けたりと、子供達を楽しませる計画が細かく練られています。

放課後等デイサービスの1日の流れを知ろう

折り紙

健康状態のチェックは欠かしません

放課後等デイサービスを利用する子供達は、自分の体調を上手く言葉で表現出来る子ばかりではないため、児童発達指導管理責任者や指導員が1人1人の体調確認を行ってくれます。

荷物整理や連絡帳の提出

学校から放課後等デイサービスへ直接通所する子供は、荷物を棚に置いたり連絡帳を自分で提出したりと、日常生活動作(ADL)の作業から始まるので、良いルーティンを構築できそうです。

振り返りの会話がポイント

学校で楽しかったこと、嫌だったこと、美味しかった給食の話などの会話で1日を振り返ります。記憶を巻き戻して言葉にするのは、脳にとても良い刺激だそうです。

フリーな時間をどう過ごすのか

放課後等デイサービスを行う事業所によって様々ですが、フリーな時間は宿題をしたり遊んだりできます。各事業所ごとに遊具や環境が違いますが、個別に日常生活動作をみてくれたり、グループ対抗ゲームをしたりと、遊びの中から学ばせてもらえます。

歌やダンス、おやつで笑顔いっぱい

通所する子供達での歌やダンスは集団行動の学びにつながります。学校のクラスメイトとは違う子供達同士でおやつを食べながら過ごし、一般的には学童と同じような時間帯まで利用できる事業所が多いようです。

送迎を行ってくる放課後等デイサービスもある

下校の時間に合わせて学校までお迎えに行ってくれて、帰りは自宅へ送ってくれる制度が整っている事業所もあり、自宅から離れていても安心して利用できるシステムです。

放課後等デイサービスへ通うことのメリットを比較

利用額の補助が手厚い

放課後等デイサービスでは月額の利用料が原則として1割の負担で済みます(所得により上限が分かれます)。

個別の指導目標を計画してもらえる

半年に1度、モニタリングという現状報告のような話し合いをする決まりがあり、それ基づいて利用者ごとの年間目標(指導目標)の計画を立ててもらえます。気軽に悩み相談が出来るのが放課後等デイサービスの特徴です。

放課後等デイサービスが行っている取り組みも様々

発達障害の子供が多く通所している放課後等デイサービス事業所では、他者との関わりが苦手な子供の為に、段ボールで仕切りを作ったり、支援員がフォーローに回ったり、無理な関わりで子供達同士がパニックにならない環境作りへの取り組みが盛んに行われているようです。また、障害の特徴が違う子供たちが同時に楽しめるようなイベントの企画など、心のこもった取り組みをしているようです。

放課後等デイサービスの疑問を解決して子供を通わせよう!

複数の子供

習い事のように、決まった曜日に通えないといけませんか?

放課後等デイサービスの事業所にもよりますが、ほどんどが、事前に予約して通所するシステムです。曜日を決めて通っても、曜日を決めずに通っても、どちらでも利用出来ます。

毎日でも通って良いですか?

放課後等デイサービスの利用にあたり、各自治体にある福祉関係の窓口で、障害の度合いや、利用者の希望する日数を考慮して、月の利用日数が決定します。利用者によって通える日数はバラバラなのです。

学童のように、学校が休みの日にも利用できますか?

出来ます。春休み・夏休み・冬休みのような長期休暇中や、振替休日のような学校が休みの場合でも利用可能です。ただし、お盆休みや年末年始に関しては各事業所にお問い合わせください。

親が仕事をしていなくても預けられますか?

学童ではないので、親の就労証明がなくても利用出来ます。就労に関係なく、送迎サービスの利用も可能です。

まずどこに行けば利用の手続きが出来ますか?

各自治体の福祉関係の窓口(障害福祉課等)で申請して下さい。どこの放課後等デイサービスを利用するかは、一度見学に行って子供に合いそうかを確かめてみるのもオススメです。事前に電話で持ち物や日程の相談などをしておくと、スムーズです。

広告募集中